大岡山の空

完璧な計算で造られた楽園で、ひとつだけ、うそじゃない、 今日から始めるモテ体質強化ブログ、大岡山の空。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「足跡花火」、実はCGだった 北京五輪開会式

 実はも何も、実写だと思って視ていた人がいた方が意外。

 スタジアムから見上げる時以外の長回し、カメラアングルが作り物特有の妙にスムーズな感じだったし、遠方の減色具合とかも不自然。コントラストが妙に鮮やか。
 ついでに、花火を追いかけるカメラワークも、相当運動性能の良いヘリでも不可能じゃないかと思うような動きだった。(慣性が働いてない感じ)

 全体的に、エースコンバットのリプレイ時みたいな映像って印象。
 特に、遠方の固定視点からのパン。


 コレを”実物”と思っちゃう人種の方たちが、「暴力ゲームは子供たちを凶暴にするからけしからん!」とか宣っていらっしゃるのかしらん?

 それか普段、コントラスト上げ過ぎて絵画のようになった「フルハイビジョン画質」のテレビをお楽しみになっているか(w

 
スポンサーサイト
テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://okysky.blog41.fc2.com/tb.php/871-d706a5cc
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。