大岡山の空

完璧な計算で造られた楽園で、ひとつだけ、うそじゃない、 今日から始めるモテ体質強化ブログ、大岡山の空。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 寒い!

 明日は大寒だそうだ。大寒から立春までを「寒の内」というが、大寒前日でこんなに寒かったら節分にはバナナでクギが打てるかもしれないな。なあジェニファー!

 と言う感じに厳冬の折、みなさま如何お過ごしでしょうか。

 まあ、モスクワではリアルにバナナでクギが打てる気温が続いているそうです
 このため、市民活動を制限するような指示、例えば学校を休校にするとか職場を休みにするとかといった指示を当局が出しているそうだ。また、先ほどのNHKニュースによれば、暖房用電力確保のため、モスクワ市内のネオンやライトアップを自粛しているそうだ。
 まあ、極めて単純に考えれば、消費電力量は目標温度と実際の温度との差異に比例するわけで、目標温度を10℃、実際の温度を平常時が-20℃とすれば、電力消費は約1.3倍に跳ね上がる。
 モスクワの電力の最大消費時期は(おそらく)冬だろう。ある程度の余裕をもって電力供給システムを設計していたとしても、1.3倍となると流石にヤバイ感じになってくるのだろう。

 同じくNHKニュースによれば、暖房用の温水供給管が破裂し、住民が近隣の都市へ避難した街もあるようだ。
 こんな話題になってくると、パイプの大きさと材質、温水の温度なんかを仮定して、何度まで下がったら破裂するのか、なんてシミュレーションをしたらおもしろいなぁなんて思ってしまう。
 ある種の”職業病”である。
 
 そんな凍える冬には、やっぱりエレクトロニカが似合う。音楽で言うと。
 ちなみに、そんな凍える冬に似合う料理、おでんは大岡山駅前の東急で今日は全品2割引だった。冷凍食品は4割引だった。

 閑話休題。

 今日、iTunesでシャッフル再生をしていたら、
The Postal ServiceのSuch Great Hightsが流れてきた。いやー、厳冬にココロふるわせる感じの、見事なエレクトロニカ・ポップス!
 ご存じない方は、amazonでもiTunesMusicStoreでも試聴できるので是非!大岡山駅のTSUTAYAにも、確かあります。

 そんな感じで今夜のミュージックはエレクトロニカ方面になり、Royksoppやらも織り交ぜて我が家のサウンドシステム、TRE-D1000Cでハイクオリティーなサラウンド感満点で、ビールとウォッカをあおり、クリスピーチキンを喰らいながら、厳冬の中の躍るココロを想わせるエレクトロニカの世界へと没入している次第。
 くるりなんかもイイよね。

 冬の閉ざされた寒さがあるからこそ、春の緑の息吹を感じ、夏空の雲の高さを想い、秋の紅葉の儚さを知る。
 そんな事を想わずにはいられない。

 冬の厳しさは、春への希望に満ちた心躍る厳しさ。

 エレクトロニカな音楽たちがそんなことをささやいているような気さえする夕べ、アナタはいかがお過ごしだろうか?

スポンサーサイト
テーマ:日記 - ジャンル:日記
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://okysky.blog41.fc2.com/tb.php/63-230e09ef
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。