大岡山の空

完璧な計算で造られた楽園で、ひとつだけ、うそじゃない、 今日から始めるモテ体質強化ブログ、大岡山の空。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 昨日は、皆さんご存じのように阪神大震災から11周年だった。

 私は東日本の人間だが、阪神大震災の時のことは鮮明に覚えている。

 11年前、私がまだ小学生だった頃、理由は覚えていないが、毎朝の早起きがマイブームだった。家人が起きる前、2階にある自分の部屋からノソノソと閑かな茶の間に降りていき、掘り炬燵の中から頭だけ出し、日テレの朝の番組(めざ天→ジパング朝6→ズームイン)を見ているのが好きだった。

 1995年1月17日、その日もいつもと変わらず、5時過ぎくらいから炬燵に入って「めざ天」を見ていた。まもなくジパングという頃、画面上に地震速報が出てきた。「震度6」というテロップにビックリ仰天した。
 数分してから、画面は急に報道フロアに切り替わった。非常に慌ただしく、情報が錯綜している様子が、小学生だった私にも伝わってきた。
 地図上に示された震度情報、断片的な被害情報、電話でのレポート、、、

 そして、確か6時半近くだったか、「神戸、震度7」という情報が入ってきた。起きてきた母と、エライ事が起こったと茶を飲みながら話していた。
 その後、公共交通の状況などの情報は入ってきたが、それほど新しい情報はなかった。
 
 その日は、もちろんいつも通りに学校に行った。昼食の時間、テレビの報道番組を先生がつけた。
 そこに映し出されたのは、倒壊した家屋、なぎ倒された高架。実際に起こっていることとは信じられなかった。テレビの中の”ヴァーチャルな”現実を凝視しながら、黙々と給食を食べていた。清掃の時間・昼休みも、テレビはつけっぱなしにされた。

 現在の大きな事件にかき消されるように、小さく報じられた阪神大震災11周年のニュースを見ながら、そんなことを思い出した。

 サンテレビの
震災報道の記録などを見ると、あの時テレビの向こう側にいた人たちの動きが伝わってくる。

 あれから11年。
スポンサーサイト
テーマ:阪神淡路大震災 - ジャンル:日記
私もブログはじめました
ブログいろいろ見ていたら辿りつきました!私もブログはじめました!写メとかも載せてみましたょhttp://37514.net/pc/weblog/home/yuka/←見に来てください!
2006/01/19(木) 02:06:59 | |優香 #-[ 編集]

TBをさせていいただきました。
2006/01/20(金) 21:14:37 | |NMA #Mc.KE39I[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://okysky.blog41.fc2.com/tb.php/62-3a64c59b
トラックバック
No.332 阪神大震災を振り返る 
森村@NMAです。1月17日がやってくると、引き締まった何ともいえない気持ちになります。私は被災者ですが、幸い家族や周囲の友人、知人とも人身被害は有りませんでした。震災が起きてから数年間、1月17日の5時47分になると、黙祷をささげていました。しかし何時か
2006/01/20(金) 21:17:21 | NPO法人NMA
No.331 阪神大震災から11年
浅川@NMAです。阪神大震災 から昨日で11年が経ちました。6500人近くの尊い命が消えたあの大惨事から、もう11年になります。兵庫県内の被災地では、追悼行事が各地で行われた様子です。10年一昔と言いますが、防災の意識に薄れも出ているようです。人間の
2006/01/20(金) 21:17:39 | NPO法人NMA
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。