大岡山の空

完璧な計算で造られた楽園で、ひとつだけ、うそじゃない、 今日から始めるモテ体質強化ブログ、大岡山の空。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 スラドの記事経由、フジサンケイ・ビジネスアイによると、NTTドコモがPCを含むデータ通信の定額制について検討している模様。

 やはり、ウィルコムがデータ通信で契約台数を伸ばしていることに対する危機感を感じたというか、市場のニーズを認識したという感じでしょうか。
 今夏から開始予定で、予定料金も数千円のオーダーと言うことですが、私見としてはウィルコムの8xサービス弱と同じくらいになるのではないかなぁと予想。

 ドコモがPHSを展開していた頃のように、通話端末と併用で割引サービスなんてのも導入するんでしょうかね?

 HS-DPAにより、開始当初の最大速度は3.6Mbpsという事ですが、ADSLやFTTHを引くことが難しいような環境では朗報ですね。うちの大学のサークル棟とか。(w
 通信技術は専門外なんですが、自宅でADSL&外でウィルコムPHSを使用しているようなユーザーが大挙して移行した場合、大丈夫なんでしょうか?バックボーンとか。基地局一カ所あたりで扱うデータ量も、ウィルコムの比じゃないだろうし。
 まあ、その辺考えているとは思いますが、「移行祭り→速度激遅→解約祭り」なーんて展開にならないか、ちょっと心配。

 さらに、ウィルコムの
W-ZERO3のようにSkypeが走る端末が出たら、同キャリア間の通話定額制への流れも出来るかもしれません。他キャリアへも安くなったり。
 独自のVoIPサービスをつくるかな?

 話が逸れますが、Pushトークの話題、もう既に聴かないですよね。年明けて有料になってから。(w

 まあ、なにはともあれ、ユビキタス社会に向けてイツでもドコでも定額で高速通信という環境が徐々に整っていくのは歓迎すべき事ではないでしょうか。
スポンサーサイト
テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://okysky.blog41.fc2.com/tb.php/50-372dbab1
トラックバック
NTTドコモ データ通信に定額制 無線ネットが使い放題
NTTドコモ(東京都千代田区)は、今夏から始める、外出先でもインターネットにつないでパソコンが利用できる第三世代携帯電話(3G)の高速無線データ通信サービス「HS-DPA」で、データ通信料金に月額定額制を導入する方針を固めた。数千円の料金を支払えば使い
2006/01/15(日) 01:56:24 | 携帯電話をじっくり選ぶ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。