大岡山の空

完璧な計算で造られた楽園で、ひとつだけ、うそじゃない、 今日から始めるモテ体質強化ブログ、大岡山の空。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 読売新聞のサイト内にある、おそらく首都圏の独身OLを対象にしたコーナー「大手小町」に掲載された、”スラドのコメントだったら「興味深い」モデレーションで5まで行っちゃいそう”、な記事。

牛丼店でデート、どう思う?

 「取引先の男性を好きになって2年。なかなか恋に発展しないので、思い切ってランチに誘ったら、『牛丼が復活したから牛丼店へ行こう』と言われました。やっぱりただの友達ですかね」という女性のお悩みです。

 半数は「あなたは試されている。明るく『並、ツユダクで!』とオーダーを!」とか、「ランチの後が勝負、決めるのはまだ早い」とかの「どちらとも言えない、微妙」という判断。「牛丼店から始まる恋もある」=「脈あり」は5%。「軽く見られている。ただの友達」=「脈なし」が27%。

 男性陣からは「牛丼店でのデートの何が悪い!」との声も。男性にとって牛丼店には特別な思いがあるのだとか。さて、恋の行方はいかに?

 「思い切ってランチに誘ったら吉野家?!」のURLはこちら



 先日、ヴィレッジヴァンガードに行った時に「男の好きな和食」みたいなレシピ集の前にあった手書きポップの一節を思い出した。(曖昧な記憶だけどこんな↓感じ)

どんなにオシャレな街にデートに行っても、ランチは駅前の"大戸屋"に入りたくなってしまう。それがオトコのサガなのです!




 そんなわけで(どんなわけで?)、最近入手したグッドな本の紹介でも。


図解 業界地図が一目でわかる本〈最新2007年版〉
 国内および外資系の各企業間の資本・各種提携・競合関係等を、120以上の「業界地図」とともに解説している本。
 文庫本サイズで値段もお手軽(600円+税)なのに、「プラント」「中食(なかしょく)」「介護サービス」と言ったあたりまでキチンと解説してあって、手元に一冊あると「ライバル企業との比較から投資、営業、就職・転職にも役に立つ!」(背表紙から引用)本。

 これと会社四季報プロ500や東洋経済の年始特集号とかを読みながら、お正月休みに今年を占ってみるのもオモシロイんじゃないでしょうか?


麦酒(ビール)のつまみ
 「ビール好きの健康管理も考えながら相性のよいメニューを列挙した」という本書、小生のようなビール好きにとっては願ったりかなったりのスバラシイ本です。

 「オイルサーディンのペペロンチーネ」や「ゆでソーセージのマスタード焼き」のようなお手軽だけれどもウマい!メニューから、「イカとダイコンの煮物」や「オレンジパワーのやわらかチキン」といった一手間かけたメニュー、さらにはシメのご飯・麺類メニューまで、ビールにピッタリでアレンジも効かせやすいレシピが盛りだくさん。

 先日作った「キュウリとササミの辛味噌炒め」のウマかったことといったら!


ピタゴラ装置DVDブック1
 先日、クリスマス(宴)会でのプレゼント交換で頂いたモノ。番組内で紹介された装置を、ポイントを明示しながら丁寧に解説しております。
 「春休みになったら研究室の机に作ってやろうか」、、、という雑念を刺激する、キケンな本であります。

 あと、この本を見ていると「オブジェクト指向の重要性」を改めて認識できるような気もしますです。


配色イメージ見本帳
 プレゼン資料やwebサイトを作成する時に、意外に重要な配色とレイアウト。
 その配色スキルを向上させようと思い(レイアウトはKeynoteが結構アシストしてくれる)、川崎の某大型書店で見つけた本。

 「よさげな配色」を単に列挙してビミョウに長い解説を載せているような類書(例えばこれとか)に比べて、キューブ上にあるテーマに基づいた配色を行ったものを様々な角度から眺めた様子を載せるという、シンプルだけれども分かり易く、変に迷う必要も無い感じが好感が持てます。

 あと、全体的な装丁の感じがグッド。「眺めているだけで、楽しくて気持ちよくなる」本。


齋藤孝の速読塾?これで頭がグングンよくなる!
 まだ最初の方をチョロッっと読んだだけですが、「頭がグングンよくなる!」らしいので可及的速やかに読破したいと思います。




スポンサーサイト
テーマ:日々のつれづれ - ジャンル:日記
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://okysky.blog41.fc2.com/tb.php/451-377299c2
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。