大岡山の空

完璧な計算で造られた楽園で、ひとつだけ、うそじゃない、 今日から始めるモテ体質強化ブログ、大岡山の空。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 街に出ればクリスマスイルミネーションが光り輝いている季節になりましたが、寒々しい青色LEDよりもやっぱり白熱球っぽい暖かい光の方が好みなK@パダワンです。




 個人的に、”クリスマス映画”と言えば「ホームアローン」か「東京ゴッドファーザーズ」じゃないかと(いまテキトーに)考えておりますが、その「東京~」や「千年女優」の監督 今敏 が、筒井康隆の同名SF作品を原作に作り上げた作品が、「パプリカ」。
 ちなみに「千年女優」は未見です。(TSUTAYAで借りて、見ずに返した)

 昨日から公開中。

 ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に出品されたり、来年にはアカデミー賞にもノミネートされるとかされないとかで、期待の”ジャパニメーション”なわけです。
 文化庁の支援もあったり。


 そんな「パプリカ」を観に、光り輝く街へ繰り出して参りました。



↑パンフレット



 内容とかは公式サイト(
ソニーピクチャーズのサイトから飛ぶ。音楽が鳴るので注意)を観て頂くとして、個人的な感想を。


結論:オモシロい!




 この映画はまず、サイコセラピーを行うために開発された、他人と夢を共有するための新装置「DCミニ」が研究所から盗まれたところから始まる。
 DCミニを試用していた研究者たちが次々と、盗まれた機器から流し込まれた"夢"(同装置にペアリングなどのセキュリティ機能は未実装)のために、妄想に取り付かれて気が触れるんだけれども、その妄想の描写がスゴいのなんの。

 人形やら置物やらフィギュアやら家電やらその他諸々のパレード。エスニック感溢れる音楽。七五調で語られる不可解で奇妙で愉快な台詞(ユングの「太陽のペニス」のような感じ)。

 アッパー感と気味悪さとが混在した、なんとも言えない気持ちのいい感じ。


 それと、全編にわたる、主人公 パプリカが様々な夢の中を飛び回り、現実世界の中に夢が"流れ込んでくる"。映像作品だからこそ出来た表現。

 そして、主人公 敦子(パプリカの現実の人格)の変化。


 "夢"という多少深いモノをテーマとはしているものの、かなりエンターテイメント性の高い作品ではないかと。(「イノセンス」とかに比べて)
 ただし、「カーズ」のような感じではないので、今監督が記者会見で述べているように(パンフレットにその模様が収録されている)ように、高校生以上ぐらいから向けでしょう。


 なにはともあれ、オススメです。
 特に、デビッドリンチ作品が好きな方、観た方が良いかと思います。”ちょっとデビッドリンチ風なSFエンターテイメント”としてお楽しみいただけるかと。



 ただ、今回の映画を見て感じたのが、押井守監督の「イノセンス」との相似。

 不気味な人形たちが語る様は、「イノセンス」に出てくる検死官(?)ミズ・ファラウェイの台詞や、エトロフの館での会話をオーバーラップさせてしまう。
 西洋人形の不気味さをフィーチャーしているところや、球体間接人形が転がっているとことか特に。

 また、圧倒的な物量で描く"パレード"のシーンは、中国のお面風のかぶり物をした人々や山車が練り歩くエトロフの祭りのシーンに似ている。
 このシーンは、「平成たぬき合戦ぽんぽこ」のシーンにも似ている。


 それと、「他人の夢が流れ込んでくる」や「夢が現実世界に流れ込んでくる」と言うあたりは、イノセンスの前作「Ghost in the Shell」でのエピソード、"ゴーストハック"により誤った情報を脳に書込まれた男や、同作品のメインテーマの一つでもある「人々が電脳化されたとき、その認識は果たして"現実"に対するモノなのか」というあたりにも似ている。

 有名な思考実験「水槽の中の脳」も思い起こさせてくれる。
 もちろん、そこまで言い出すと「マトリックス」やらも"似た作品"になってしまうのでアレだけど、、、


 ただ、攻殻シリーズでトグサをやってる山寺宏一が、(序盤では)似たようなポジションの役をやっているので、「あ、なんか見た事ある」というデジャヴ感は結構あります。
 ついでに、作画かなんかがプロダクションIG(@ジャパニメーション関連の注目株)らしい。(エンドロールに書いてあった)

 一番「ん!?」と思ったのが、研究施設の理事長。「イノセンス」のエトロフの館の主人にソックリ。
 "客層"が比較的近いと考えられるので、もう少しご配慮いただければ良かったのではないかと。



 あと、メインテーマ曲「白虎野の娘」(公式サイトで流れてる音楽。平沢進作曲)がメチャクチャ良い。エンディングで歌付きでも流れるんだけど、それもまたグッド。

 誤解を恐れずに言うならば、「ラリった近未来的なキラキラのエレクトリカルパレード」って言う感じ。サントラが欲しくなる。

スポンサーサイト
テーマ:今日観た映画 - ジャンル:映画
追記
こちら↓のURLで、「惜しげも無く『放出すべし!』」ということで、ダウンロードできます。
http://teslakite.com/freemp3s/paprika/

違法とかではなく"オフィシャル"です。
2006/11/27(月) 17:19:16 | |K@パダワン #-[ 編集]

東京ゴッドファーザーズが27日深夜日テレでやるYO!
2006/11/27(月) 22:39:33 | |cos300 #3un.pJ2M[ 編集]

「東京~」はDVD持ってる♪

「千年女優」観たい、、、
2006/11/27(月) 23:35:24 | |K@パダワン #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://okysky.blog41.fc2.com/tb.php/433-a83b187d
トラックバック
-
管理人の承認後に表示されます
2006/12/04(月) 20:35:47 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。