大岡山の空

完璧な計算で造られた楽園で、ひとつだけ、うそじゃない、 今日から始めるモテ体質強化ブログ、大岡山の空。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 今日は立冬。冬立ちぬ。


 昼下がり、大岡山駅から西へ下る坂から奥沢方面を見ると、ホコリっぽいノイズがかかったような景色。
 夜、ヒンヤリとした空気の中で明滅する救急車の赤色灯。
 星が少しだけ多く見える夜空。


 ああ、冬だ。
 冬が来た。

 今年も冬が来た。


 そんな立冬に、「冬」を感じる音楽を、ボクのiTunesライブラリの中からいくつか。



1. "The land song - music for Artelligent City / one winter day mix", 坂本龍一,
CHASM

 坂本教授が六本木ヒルズのために作った名曲「the land song」のmix版。武蔵野台地に吹きすさぶ乾いた季節風と、長い影を作る冬の陽射しを思い起こさせるような。この季節にピッタリの音楽。

 午後3時過ぎ、新宿から小田急線の下り列車に乗って、遠くまで見渡せる高架の上から、朧げな陽射しの中で砂埃の舞う空の中にある家々を見ているような。

 もしくは、長い陽射しが差し込んでいる高円寺駅のホームに、木枯らしが吹き抜けて行くような。そこから、風に吹かれて舞い上がって行くような。
 そんなイメージが浮かんでくる曲。


2. "ekot", SKETCH SHOW, tronika

 冬の夜空をふと見上げると、雪が舞い降りてくる。それと一緒に、なにか温かいモノ舞い降りてくる。そんなイメージ。

 アルバム丸ごとオススメ。全編にわたって「初冬」って感じの曲に溢れております。


3. "There's never enough time", the Postal Service, Give Up

 音が、ひたすらに冬。鉛色の空。

 雪が降り始める前の、静かな空気、重い雲、冷えきった風、遠くの音。
 そんなイメージ。

4.
"Sparks", Royksopp, Melody A.M.

 冬の夜明け、東の空を見上げ、流れる雲を見上げている。いろいろな考えが浮かんでくるような、でもすぐに忘れてしまうような。
 吐いた息が、少し白くなるような。
 そんなイメージ。

 アルバムのジャケットも、そんな感じ。



 そんなところで。


 そうそう、深津絵里(@そろそろ目尻が気になる)が最近CMやってる「冬物語」、コレは「冬」を感じるビールだね。



 おそらく、おでんや鍋物と一緒に飲んでグッドな味にしてるんじゃなかろうか。少なくとも、スーパードライよりもセブンのおでんに合うと思うよ。


スポンサーサイト
テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://okysky.blog41.fc2.com/tb.php/414-e9ab1bc4
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。