大岡山の空

完璧な計算で造られた楽園で、ひとつだけ、うそじゃない、 今日から始めるモテ体質強化ブログ、大岡山の空。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
必修漏れ、35都道県254校に 多くの科目で発覚

 所謂「履修漏れ」問題について、新聞やweb・テレビでの報道で高校の実名付きで報道される事があるが、それを見ていてある事に気付いた。


 履修漏れの高校の名前には、以下のような特徴がある。

・「{都市名}+{方向}」高校
・「{マイナーな都市名}」高校

 こんな名前の高校が、妙に多い気がする。



 この特徴からプロファイリングするに、一連の事件の動機としてこんな事が考えられるのではないか。

学区内またはその近隣学区により強い学校(名前に方向が付かないとことか、メジャーな都市名の高校)があり、それらの学校に比べて著しく進学成績が劣る場合、志願者の減少や質の低下につながる恐れがあり、そういった事態を避けるため、指導要領で定められたカリキュラムを省略する必要に迫られた。


 少子化時代、優位な競合他校に少しでも追いつこう、引き離されまいとする高校。
 そんな姿が、一連の事件の裏にあるのではないか。


 
工大祭での模擬店用の商材の宅配を待ちながら、そんなことを考えていた。

スポンサーサイト
テーマ:教育問題 - ジャンル:ニュース

面白い考察ですね。
でも、多くの高校がもともと進学校だったぽいですよ。
あと、地名+方向のほうが賢かったりしますよ。
特にマイナーな地名では。
2006/10/27(金) 15:04:00 | |fancy #-[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://okysky.blog41.fc2.com/tb.php/405-7a730712
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。