大岡山の空

完璧な計算で造られた楽園で、ひとつだけ、うそじゃない、 今日から始めるモテ体質強化ブログ、大岡山の空。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 iTunesStoreに、いつの間にか登場していたらしく"Just for You"でリコメンドされました。つぼイノリオの「インカ帝国の成立」。(→こちらから試聴&購入できます)
 上記リンク先のiTunesStoreのレビューから抜粋すると、
中部地区、京都地区のディーーープな つぼイファンでさえ、曲の存在は知っているがこの曲を聴いた事があるのは、ほんの一握りと言われいます。

有名な話ですが、金太の大冒険は20日で放送禁止になりました。
極めつけ、お万の方は6日で放送禁止。

そしてこの曲は、発売前に放送禁止になったという噂がファンの間で語られています。




 えーと、wikipediaからの抜粋を貼っておきますね。
 あ、強調してある部分に深い意味はないんで
インカ帝国
(略)
首都をクスコに置いた。
(略)
伝承
昔、チチカカ湖にある太陽の島 (Isla del sol)に、マンコ・カパック (Manco Capac)とその妹ママ・オクリョ (Mama Ocllo)が現れた。彼らは湖の彼方からやってきたとも、天から降り立ったとも、湖の中から現れたともいわれる。ママ・オクリョは太陽の島ではなく隣の月の島 (Isla de la luna)に現れたともいわれる。

マンコ・カパック
(略)
マンコ・カパック(Manqu Qhapaq:ケチュア語で素晴らしい基礎)は、インカ神話によるとクスコ王国の初代国王である。マンコ・カパックの出自については複数の伝承が伝えられている。
彼らは地下の洞窟を通ってクスコに行き、父インティを讃える神殿を建設した。


 他の部族からバカにされ、指で突つかれ、雨の中濡れ、敵になめられ、激しく攻められ、背後から容赦なく攻められ、敵の矢に貫かれ、少し血が出て、風呂に入れず臭くなり、クスコの都で心が開かれた、インカの民の王マンコ・カパックの壮大な物語が「ノリオ節」で綴られます。

 そんな壮大な叙事詩を聴きながら、アナタも悠久の歴史の世界に思いを馳せてみませんか?



 そういえば、第5世代iPodでゲームが楽しめるようになった訳ですが、試しに買ってみたZUMAがオモシロ過ぎる。ホイールをクルクル回してカチカチクリックしてボールを射出する感覚が、なんともグッド。

 少々お高めの600円ですが、iPodゲームを試しに買ってみるには良いと思います。時間を忘れてハマってしまいます。
 BGMも何ともいい感じ。第5世代iPod(映像再生できるヤツ)をお持ちの方はお試しあれ。


 Windows用の無料版(ステージ数が少ないらしい)がShockwaveで配布されているようです。
スポンサーサイト
テーマ:おすすめ音楽♪ - ジャンル:音楽
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://okysky.blog41.fc2.com/tb.php/371-7d06cc58
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。