大岡山の空

完璧な計算で造られた楽園で、ひとつだけ、うそじゃない、 今日から始めるモテ体質強化ブログ、大岡山の空。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 Appleの夏の祭典WWDC2006にて、Apple社CEOスティーブジョブスらによる新Mac&新OSの発表が行われました。
 詳細はこちらの記事でどーぞ。


 ついでに、その基調講演の模様がストリーミングとして公開されています

 いつもながら、引き込まれてワクワクして時を忘れてしまう素晴しいプレゼンテーション。「プレゼン一枚1分」や「まずスライドありき」といったヘンチクリンな”オレ流”を持って失敗している方に是非見て頂きたい。(自戒もこめて



 個人的に気になったトピックについて感想でも。


 まず、最も気になるのは
TimeMachineという自動バックアップ機能。
 基調講演内での説明とデモを、是非ご覧下さい。その素晴しさがよくわかります。いままでの自動バックアップソフトから明らかに進歩した機能がOSに標準搭載。
 GUIも、”つまらない退屈な”モノではなく、まさに「タイムマシーン」なクールなヴィジュアルです。"This is an Apple."
 「大切な写真が消えたら泣いちゃうじゃん(超訳」という担当ヴァイスプレジデントのプレゼンがなかなかにナイス。調査結果による「結局フツーの人ってバックアップをほとんどとってないんですよね」というところも妙に納得させられます。


 それと、次に気になるのがSpacesという仮想デスクトップソフト。
 既存のサードパーティーによるものとは明らかに違う、OSを"創っている"からこそできるという感じ。いままで「仮想デスクトップソフトってチョット使えない」という感覚を持っていたけれど、基調講演のデモを見ると「コレは使える!」と思わずにはいられない。
 ”エレガント”という形容詞がピタッとはまる新機能。


 ついでに、序盤に展開されるWindows VistaLeopardの対比は秀逸です。
 「MacOSには既にこんな機能がある。Vistaではこういう機能を載せるらしい。同じじゃん(w」という皮肉たっぷりな、しかし自分たちの技術力と創造力に裏打ちされた自信たっぷりな発言がステキ過ぎます。
 WindowsがMacの「Aquaインターフェイス」をパクっていることを茶化したオリジナルアイコンを用いた「でもさ、Vistaってインターフェイスを除けば結局は"Windows"でしょ?レジストリ、DLL地獄、、、。(いったい何が変わったのw」という下りも素晴しい。
 開発が難航し、当初盛り込まれる予定だった機能が次々と省かれて行き、結局僅かなイノベーションと、Googleなどが先行リリースしているよう機能(例:グーグルデスクトップ)をてんこ盛りにしたOS、という現状をライバルとして的確に捉えた発言でしょう。


 兎にも角にも、Macユーザーとしてはますます期待させられる展開であります。

 最近、Mac上でかなりナイスなパフォーマンス(実機の6割くらい)でwindowsが動くソフトParallelsを導入したおかげで、家にあるWindowsPC全然使ってないし、、、正直、Vistaに興味ない、、、




 それと、今回の基調講演では、PowerPCからIntelチップセットへの移行を「210日」で完了した成果を強調するとともに、それに貢献した自社のスタッフに対する感謝をジョブスだけでなく多くのヴァイスプレジデントたちが述べているのが、なんというかこう、嬉しかった。

 経営戦略を実現する素晴しい"作品"を創り出すスタッフに対しての感謝を忘れない。どこぞの企業や組織では忘れ去られていることだけど、とっても大事なことだよね。
スポンサーサイト
テーマ:今日、気になったネタ - ジャンル:ニュース
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://okysky.blog41.fc2.com/tb.php/337-9bc20cd2
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。