大岡山の空

完璧な計算で造られた楽園で、ひとつだけ、うそじゃない、 今日から始めるモテ体質強化ブログ、大岡山の空。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 卒業生の皆さん、おめでとうございます。(卒業式昨日だけど)





 話はずれますが、「おめでとうございました」って言う表現、すげー違和感あるのオレだけかな?

 文法的に解釈した記事がネットにも
こことかここにあるけど、感覚としても「めでたい」という喜びの表現を過去のモノとして表現するのは、現在的な喜びを伴わない(過去完了と過去の説明風に言えば、”断絶した”)感覚がして、いまはあんまり「おめでとうって」感じではないけどそのときはおめでとうだったよね、という客観的というか、心がこもっていないというか、変に主体性の無い形式的で儀礼的な喜びの表現のような気がして、好きになれない。

 よろこびやおめでとうの気持ちは、やっぱり誰かと現在的に共有したいじゃん。
スポンサーサイト
テーマ:卒業式 - ジャンル:学校・教育
φ(。。*)カキカキ_φ(*゚゚)ノ[才×〒"├-]ペタッ
所謂「追いコン」だよね(笑)。高い飲み会費だけの事はあったのかな^^;
「おめでとうございました」って使うの?私初めて聞いたよ><
よく、最近のアルバイトの人が「宜しかったでしょうか」と言うのがおかしいという話題は聞くけど。。。おめでとうございました。も違和感あるね。「遅ればせながら~の件ではおめでとうございます」とか言うほうがいいんじゃないかな。
少なくともはなむけの言葉は現在形で伝えたいね☆v-25
2006/03/29(水) 00:37:06 | |真由リン。 #GPAZKWNo[ 編集]
コメントする
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
http://okysky.blog41.fc2.com/tb.php/181-1b67225a
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。