大岡山の空

完璧な計算で造られた楽園で、ひとつだけ、うそじゃない、 今日から始めるモテ体質強化ブログ、大岡山の空。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
クレムリンを覆う暗雲・・・
数個の共和国が、旧ソ連経済圏からの離脱を表明したのだ。
この動きの先頭に立つのはウクライナ。
彼の妨害に逆らい、プーチン・ロシアは限りある資源で、旧ソ連圏の平和と秩序を保たねばならなかった―

 と、スター・ウォーズ エピソード2 クローンの攻撃の出だし風にお届けしますが、いままさにそんな動きが進行中。

 直接的なコトの始まりは昨年25、ロシアの天然ガス独占企業のガスプロムが、ウクライナとのガス価格の値上げ交渉がまとまらなかった場合、1月1日からガスの供給を停止すると警告した。(asahi.com-1
 そもそも、この価格値上げ(現行価格から実に4倍もの値上げ)が、親米政権を樹立(オレンジ革命)し米国・EUシフトを続けるウクライナへの懲罰行為だとの見方があり、この警告に対して米独が批判を表明した。

 で、結局交渉はまとまらないまま1月1日となり、ロシアはウクライナ経由でEUへの供給も行っているパイプラインへの送出量から、ウクライナ分の量を減らして供給。(asahi.com-2)このため、このパイプラインからの供給を受けている他の欧州諸国へも影響が広がり、欧米諸国からの反発がさらに強いモノとなったために、結局元の価格から2倍弱の値上げで合意に達した。(asahi.com-3, asahi.com-4
続きを読む
スポンサーサイト
テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。